割り切りとは全然違う「パパ活」の実態・相場まとめ


最近巷で噂になっている「パパ活(pp活)」

簡単に言ってしまえば、女性が父親くらい年の離れた男性と恋愛関係になるようなものです。

近年この「パパ活」という言葉が流行だしていて、今ではどんどんパパ活人口も増えていると言われています。

イメージ的には「素人女性のキャバクラ店外デート」という感じでしょうか。

「じゃあ、若い子と簡単にエッチできるの?」と男性は思いがちですが、エッチ前提の「割り切り」とはまた違うんです。

実際は、パパ活=エッチはタブー!(泣)の事実を知らないで、どんどんお金を費やしてしまう男性が増えてきているんですよ。

今回はそんなパパ活に引っかからないように、パパ活の実態や相場についてお話していきます。


パパ活と割り切りは全然違う

最近、巷で噂の「パパ活」ですが、その実態を知らないという人も多いのが現実です。

「パパ活女性はエッチが出来る」と勘違いしている男性が多いのですが、実はエッチに持っていくまでには、相当なお金と時間がかかることをあなたは知っていますか?

パパ活は割り切りとは違い、40代~60代の男性が20代くらいの女性と恋愛感覚でデートを楽しんだり、会話を楽しんだりすることができることを言います。

ただ、中にはエッチをしないのにあたかも最後まで出来るような雰囲気で、ずっと「思わせぶり」をする女性もいるんです。

女性側は男性に「セックス願望」があることを知っていながら、好みの男性以外は思わせぶりはするものの、最後までは到達させてくれないことが多いのです。

具体的に言えば、軽いキス程度ならさせてくれて、体も触らせてくれたのにそこから先はおあずけ…という感じです。

なぜなら、思わせぶりな態度はあくまで女性の「サービス精神」的なもので、エッチに直結するものでもありません。
思わせぶりな態度 → あくまでリピーター作り、という理由でやっていることが多いからなんです。

あくまで「お小遣い稼ぎのバイト感覚」という捉え方をした方が正確と言えるでしょう。

包み隠さず言ってしまえば「この人を私の近くに置いておけばお金に困らない」という狙いがあるからこそ、キスやボディタッチまでは我慢するのです。

もちろん全くエッチが望めない訳ではありませんが、大半の女性は「エッチ抜きのデートだけ」という頭でパパ活しているので、基本的には無理と思っていた方が無難でしょう。

簡単にエッチをするような女性であれば、わざわざパパ活をしないで風俗などで働いた方がきちんとした収入の仕事になりますしね。

ですので「若い女性とエッチをしたい!」という男性は、わざわざお金も時間も要するパパ活をチョイスする必要がないと言えます。

エッチがしたいのであれば、手っ取り早く出会い系で割り切り女性を探した方がいいですよ。

パパ活をする女性と望む男性とは?

パパ活はいわゆる「模擬恋愛」です。
一体どんな男性や女性がパパ活を望んでいるのでしょうか?

パパ活を望む男性は、妻がいるけどドキドキ感がないからそういった気持ちをまた体験してみたくなったり、もう一度甘酸っぱい恋愛を体験したいという中高年男性が大半です。

また若い頃に仕事ばかりしていて、きちんと恋愛をしてこれなかった男性や、一度も女性とデートをしたことのない男性も多いと言われています。

ですので「エッチ抜きでもいいからとにかく若い女の子と楽しい時間を過ごせればいい!」「高いお金を払ってでもこの子の側にいたい!」と考えるような、割とピュアな心の持ち主がパパ活にハマりやすいと言われています。
(ある程度お金がないと無理ですけどね…。)

こういったエッチ抜きでも若い女性とデートするだけで満足できる男性もいるからこそ、パパ活が成り立っているんですね。
(甘えられる女性が欲しい、可愛い子が話を聞いてくれるだけでいいなど…。)

それに対してパパ活女性は、エッチ抜きでの食事や高額な物を買ってもらえたりお金がもらえるという関係性が築けるので、女性にとってはやっぱりオイシイですよね。

中には散々ブランドものをせびっておいて、欲しい物が手に入ったら「はい、さよなら!」という女性もいるんだとか…。

そのためパパ活の女性側も、エッチする手前の「恋人」の状況を上手に作れる人でないとできないとも言われています。

相手の男性と近過ぎず遠すぎずの距離感きちんと取れて、恋愛の駆け引きが上手な器用な女性でないと難しいからです。

相手との距離感が上手くとれない女性がパパ活をすれば、下手すると流されてエッチの関係にまでする方向にいってしまいますからね。
女性側も当然リスクは高いのです。

パパ活の相場ってどれくらい?

パパ活の相場は人それぞれですが、お金の余裕がある40代~60代の男性がターゲットになることがほとんど。

割と仕事や家庭環境も落ち着いてきて、収入も安定している世代とも言えますよね。

ただターゲットと言っても、男性からパパ活を求める人がほとんどのようです。

パパ活の相場は、もちろんシチュエーションや時間帯などにもよりますが、1時間で2~3万円払う男性もいれば1回のデートで5万円という金額を支払う男性もいます。

中には1回のデートに10万円を渡すような男性もいるようです。
また「交通費に」と言って、デート代の報酬とは別に1万円を渡す男性も少なくないんだとか…。

男性の収入にもよりますが、やはり20代の若い女性は高額になるようです。
(若ければ若い方がいいという男性は多いですからね。)

男性側からすれば高額のお金を出して、なんとかお気に入りの子を繋ぎ止めておきたいという思惑もありそうですね。

逆にパパ活の報酬で生計を立てている女性側からすると、いつ捨てられるかわからない=収入にならなくなるかわからないという危機感が常に生まれます。

そのため男性を逃がさないように、1回1回のデートや会合で「いかに楽しませることができるか」と毎回必死なのです。

このように普通のアルバイトをするよりも、ただ男性とデートをしたりお茶をするだけで高額な報酬をもらえるため、女性は多少無理をしてでも男性を逃がさないように「思わせぶり」な態度を取る訳ですね。

それになんだかんだ言って、下心が全くないという男性はほぼいませんよね。
女性側もそのことをよくわかって、きちんと計算しながらパパ活しているのです。

ただし上記にも記載しましたが、最後までさせてくれる女性はほとんどいないため、期待をしすぎて「金だけとられた!」なんてことになっても、男性にとってメリットはありませんよ。

ちなみにパパ活をしている女性は、現実だと出会いカフェ、ネットだと出会い系などでよく見つけることができます。

エッチも無く、高いお金を払ってでも「この子と一緒にいられる時間を買いたい!」と思うのであれば、パパ活女性を探して試してみてもいいとは思います。

まとめ

パパ活=エッチができる割り切りと勘違いしてしまっている男性が多いのですが、実際はそんなことないんですね。

割り切りとパパ活の違いをしっかり理解していれば、「エッチできると思ったのに騙された!」なんてことはなくなりますよ。

もちろん、パパ活をよく知った上で利用するなら何も問題はありませんが。
収入にも余裕があって、デートだけで満足!という男性はパパ活を。

「若い女性とエッチをしたい!」というのであれば割り切り掲示板で女性を探すのがオススメです。